悪習慣を見直す!体中に熱を運べるようになろう!

要点をおさえて温活に取り組もう

肌荒れやくすみ、むくみなどの原因となる冷え症というのは体質によるものではありません。冷えが体質によるものではないということは、逆にいえば大きな希望となるでしょう。なぜならば、日々の心がけ次第で体温も自分の理想に近づけることができるからです。そもそも、なぜカラダが冷えるのかといえば、熱が全体に行き届いていないからで、飲むものや食事に気を付けたり、着るものを見直してみたり、ちょっとしたことで改善できますよ。つまり、きちんとした知識を持っていれば改善できるというわけです。冷え性の人でも、太い血管の血流は正常に動いており、問題は毛細血管の部分なので、悪習慣を見直すだけでもおよそ1か月ぐらいで毛細血管の血流も改善されてきますので体温が上がってきますよ。貧血の場合も熱を運ぶ血液が足りていないだけなので、気負うことなく温活をはじめてみましょう。

何か冷やす習慣がないか見直してみる

もし、日ごろおやつにコーヒーとスイーツという人は気を付けるようにしたほうがいいでしょう。コーヒーというのはダイエット効果など良い側面もありますが、南方が産地でカフェインの入っているコーヒーはカラダを冷やす飲み物です。そのため、カラダに冷えを感じている人は避けたほうが無難といえます。加えてスイーツに含まれている糖質も体温低下につながるので注意しましょう。そして、仕事が終わり足がむくんでパンパンという場合は、足が冷えている証拠です。さらなるむくみを呼ばないためにも放置しないことが大事ですよ。

品川美容外科の判例について詳しく